FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切な子供の将来のために

噛んで♪噛んで♪考える食育♪

一回の食事で現代人は何回くらい噛んでいるでしょうか?

600回ぐらいといわれています。

江戸時代は2倍以上の1500回くらい。

弥生時代は6倍以上の4000回くらいだそうです。

噛む事は口に入れた食物を細かく噛み砕くことで、

栄養、エネルギーを体内に取り入れるため、

すごく重要な役割なのです。

また、頭部の成長にも深く関与していて、

脳の活性化にも重要です。

なぜ、こんなに少なくなってきたのでしょうか?

一つは嗜好が原因です。

軟らかいものを好む、のど越しのソフトなものを好む。

噛まなくても飲み込みやすい大きさになる。

また、一つは食事を取る人数が少なくなった。

または子供でさえ一人で食事をとる時代になってきた。

そうなると、好きなものしか食べなくなってくる。

食事の時間が短くなってきているのだ。

現代人の食事にかける時間はわずか11分とのこと。

これではますます噛む食事というのに無理がある。

最近、食育という言葉をたびたび耳にするが、

本当によーく考えてほしいものである。

また一家の団欒も考えてほしい。

食事時にTVなど付けないでその日のあった出来事など

家族の会話を楽しむ余裕、料理を味わう余裕がほしいものである。


スポンサーサイト

子供だけじゃないのよ!♪ おしゃれは!♪

こんな装置があります。パタカラといいます。

DSCF1184_convert_20091010135113[1]

これは口腔筋機能療法器具です。

リップトレーナーで口腔の周りの筋肉を鍛える装置です。

特に唇、口輪筋などを鍛えることによって、

普段から唇を閉じさせて鼻呼吸を促せたり、

歯並びがよくなってきたりします。

DSCF1186_convert_20091010141039[1]

砂時計3分計がついてますので、

唇に挟んで閉じたり、開いたりをしたり、

紐状のものが付いていますのでそれを

DSCF1185_convert_20091010135414[1]

左右に引っ張り筋肉を鍛えるものです。

これを大人に応用しましょう!

大人の方が口呼吸が多いというわけでなく、

口をキリと結んでいたほうが顔立ちがスッキリするからです。

おしゃれは口元からというわけです。

使用方法は同じでトレーニングしますと筋が鍛えられて、

引き締まったキリっとした顔をつくることができるわけです。

男っぷり、女っぷりが上がるということになるし、

アンチエイジングにも有効です。


未来の顔貌

先日、ある番組で日本人の未来的な
顔貌の形態はこうなるだろうと予測していました。
お話をしている方が歯科医かどうかはわかりませんが
硬いものを噛まない、噛む回数が少ないなどで
コーンタイプにアイスが乗っているような顔貌になりやすい
ということでした。そうなるとどうなるか?
当然、歯並びは悪くなるし、虫歯は増えるし、顎関節症
にもなりやすいということでした。 それは大変!!
絶対にこうなるということではありませんが近づいている
ことはたしかです。このようにならないように食事は
きっちりとりましょう!硬いもの噛みましょう!
顎を育てましょう!
普通の和食がお薦めです!
プロフィール

弁天町歯科医院

Author:弁天町歯科医院
身体に優しい医療ってなんだろう?
健康を維持していくにはどうする?
そんな疑問のヒントになれば、情報源になればと発信しています。

私の職業は歯科医です。健康は、口からです。ご自身の歯で一生を生活できるようにしませんか?

弁天町歯科医院HP
ホームページです。
カテゴリ
最新記事
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。