FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5,6歳で始める歯列矯正

小児歯列矯正を早く始めた方が良い理由に

最近問題になってるのが小児の

無呼吸症症があります。

子供ではアデノイドの肥大が

原因である場合もあります。

太った男性だけでなく、

痩せている方もみられるそうです。

男女問わず、子供にもいるというのです。

大抵の場合は過蓋咬合といって

噛み合わせた状態を見たときに

下顎の前歯が見えにくい状況で

下顎が後位にある場合に舌のいる場所が

気道を塞いで起きる場合、

下顎の成長が小さい方など

が考えられます。

ならば歯列を並べるだけでなく、

成長期を利用して下顎も大きく

成長させた方が良いということになります。

歯列だけの問題でなく身体全体の

バランス、成長を考えた矯正を

考える機能的顎歯列矯正は

とても身体に優しい矯正と考えます。

また、少なくなったとは思いますが

うつぶせ寝も歯列、顎の成長に関与するそうです。

えっ、そんなに柔いのと思ってしまいますよね。




スポンサーサイト

歯列矯正の卒業生

やっと桜咲く季節になりました。昨日の

嵐は大変でしたね。

gazou+005_convert_20120404094746.jpg

8年前の時の写真です。8歳頃です。

gazou+006_convert_20120404094827.jpg

前歯が重なってきてるということで来院。

gazou+001_convert_20120404094908.jpg

gazou+002_convert_20120404094946.jpg

この頃はまだビムラー矯正法を知る前で

床拡大装置を使って顎を大きくなるように

拡大をしてました。

そしてビムラー矯正装置を知り、


ビムラー装置に移行。

DSCF1835_convert_20120404095512.jpg

DSCF1840_convert_20120404095612.jpg

ビムラー装置の欠点は下顎の拡大が

弱いことがあり2年前にリンガルアーチにて

コントロールしました。

去年、リンガルアーチを外して

ビムラー矯正装置にもどして

IMG_0071_convert_20120404101125.jpg

IMG_0072_convert_20120404101237.jpg

IMG_0074_convert_20120404101328.jpg

1年間の経過観察後、無事に卒業と

いうことになりました。

当院としてはもう少し整えたかったのですが、

本人も御家族も納得ということで終了です。






賢い子育て歯科的すゝめ 4

子供さんの歯列矯正を必要を

考えている親御さんへ

身体に無理させないで

歯列、上下の顎の位置関係、

口腔周囲の器官をより良い方向に

しいては姿勢などにも影響を与えてくれて

成長を導いてくれる矯正法があります。

機能的歯列顎矯正法です。

DSCF0378_convert_20090206205210.jpg

とくに当院で行っているビムラー矯正法も

そのひとつです。

低年齢であれば基本は寝てる間に

装置を口に入れてるだけなのです。

合言葉じゃないですけど

「歯列矯正は寝てる間に治そう!

いや、治ってる。」

という考えです。この矯正法の一番は

痛みを伴ってはいけないという点です。

だから歯に無理な力をかけないで治る

ということなのです。4,5歳が

適齢期です。




機能的顎矯正治療を考える会 3

機能的顎矯正を考える会は今年で

3回目を開催することできました。

今年は名称も改めることになりました。

Oral Functional Mesh Collaboration

略すとOFMEC (オフメック)がいいのかなあ?

勝手に略してます。(笑)宜しくね!

さて本題にはいりますね、今回の講演の中で

よく出てきたのが姿勢という言葉でした。

例えば野生の動物に不正咬合はないので

環境要素、姿勢、悪習慣などに

起因してるのではないかというのです。

生まれてから3か月の間に哺乳によって

咀嚼(噛んで飲み込むこと)の基本の

手段を取得して、鼻呼吸もしているのです。

そこから要らない力や姿勢、動作、環境、

口呼吸、悪習慣などが起因して不正咬合が

育ってくるというのです。

規則正しい生活、背筋を伸ばした姿勢で

いられる筋力を身につけましょう。




子供の歯並びと顎

今時の子供たちは様々。

小児矯正を推奨している当院は

子供たちの色々なケースに悩まされています。

kid0068-009_s.jpg

昔から比べれば咀嚼(噛むこと)の回数の

少ない現代っ子は当然のように

顎(骨)の成長は小さい。

それに比べて歯が大きい!?

哺乳等などの栄養価が高いためではないか

と言われている。

その上、進化(退化!?)してるため

10%の確率で先天的に永久歯の

欠損がみられるとのこと。

顎が小さいために永久歯への交代が

かなり遅れている。

個々にあった噛み合せは?

顎関節を正常に機能させる噛み合わせ?

人類はどのような歯並びになるべきなだろう?

4216790574_bb70c38492_m.jpg

素敵な笑顔になるには?

遣り甲斐のある仕事です。




プロフィール

弁天町歯科医院

Author:弁天町歯科医院
身体に優しい医療ってなんだろう?
健康を維持していくにはどうする?
そんな疑問のヒントになれば、情報源になればと発信しています。

私の職業は歯科医です。健康は、口からです。ご自身の歯で一生を生活できるようにしませんか?

弁天町歯科医院HP
ホームページです。
カテゴリ
最新記事
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。