FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供たちは元気!

午前中は保育園の歯科検診。

子供たちで一杯です。

IMG_0101_convert_20120531134044.jpg

保育園の面白いところは

0歳児から就学時前の

移り変わりを観察できるところです。

小さい子はもちろん泣く子が多いですが、

大きくなるにつれて名前と挨拶、

最後には「ありがとうございました。」と

言ってくれることです。

そして帰るときにはダンゴ虫がいるよ、

バイバイと挨拶してくれとうれしいものです。

ハブラシをしっかりやってねと言って、

ハーイと返事してくれるのを聞きながら

保育園をあとにします。

IMG_0102_convert_20120531134208.jpg

子供たちの笑顔はいいですね。






スポンサーサイト

今時の口腔の子供事情

さて、この子は何歳でしょうか?

IMG_0091_convert_20120516095057.jpg

写っている方向が少し悪く

口腔の状況がつかめにくいですが

下顎の前歯は永久歯が生えていますが

6歳臼歯はまだ生えてきません。

IMG_0092_convert_20120516095152.jpg

やっと6歳臼歯が生えるべき位置に

膨らみが見えました。

今年、2年生の児童です。


今年ピッカピッカの1年生になった

子供の歯並びが気になると来院されました。

下顎の乳歯「Aが抜け落ちなくて内側に

中切歯(「1)の永久歯が重なって

生えていました。このような場合は

「Aの歯根吸収はほとんど起きていないため

抜歯が一番の選択で、また抜歯することによって

内側に生えてきた永久歯が少しでも本来の位置

近くにもどろうとする場合があります。

DSCF2534_convert_20100828095850.jpg

別の方の乳歯の画ですがうまく吸収が

起きてる歯と起きていない歯です。

DSCF2533_convert_20100828095706.jpg







子供たちをみよう!

新年度が始まりましたね。

環境が著しく変わった方は

特に注意して見守ってあげてくださいね。

環境の変化に敏感に反応して

学校から帰ってくるといやに疲れていて

必ず寝てしまう子供さんも多いと聞きます。

口腔内も敏感に反応して唾液が少なくなって

むし歯になりやすい環境に陥りやすいので注意です。

一番は休みたいといっているのであれば、

昼寝のように1時間くらい寝かせてあげるとかが

必要だと思います。ただし2時間も3時間も

寝かせるべきではありません。

夜にしっかり寝るためにです。

もう一つ大切なことは今日の出来事などを

しっかり聞いてあげることです。

復唱することでしっかり記憶に残っていくし、

理解も深まるからです。

面倒がらないでしっかりきいてあげましょう。

今だけですよ、一杯のお話ししてくれるのは。

今月末には小学校へ歯科検診に行ってきます。




スポ根は流行らない?

久々のブログ更新です。

ダメですねえ、休み癖付くと。

当院の患者様に子供たちに

剣道を指導してる方がいます。

先日大会があるということだったので

結果を聞いてみました。

良いとこまではいったんだけど、

ダメでしたということでした。

そこ今時の子供はスポ根は少なく

悔しいという思いは少なそうである。

私の世代はTVもスポ根、

負けて悔しいから上手くなってやろうと

練習をしたものでしたが今は流行らないようです。

当院としては歯並びを治したい、

むし歯にならないようにしたい

という意識レベルを高く持ってる方はいいのですが、

親御さんは心配でなんとかしてあげたいということで

来院される患者が多いこの頃です。

情報社会の現代ですが、ご家族で

歯科的衛生レベルを上げてもらって

健康ということをよく考えて話し合ってほしいです。

健康が当たり前ではなく、世の中大変な人もいて

戦っている方も多いのです。

健康であることにご両親に感謝する意識が

今の子供たちにほしいなあ。

これも流行らない?






賢い子育ての歯科的すゝめ 2

先週、賢い子育ての歯科的すゝめで

むし歯、歯周病菌はほとんどが

親子感染であると記しました。

そして感染の予防に努めれば

子供たちは歯医者で泣くようなことの

治療をしなくて済むのです。

大人だって歯を削られるのは嫌なものです。

もし、むし歯菌が感染しても

しっかり清掃の管理ができれば

むし歯菌に歯牙が侵襲されることは

ありません。

①必ず仕上げの歯磨きをしてあげること。

(当院では4年生ぐらいまでは必要と考えています。)

②だらだらと食べ物を与えないこと。

③外出して疲れても寝ても歯磨きをすること。

④良く噛む食事にすること。

⑤歯並びが良いこと。

などなどがしっかりすれば歯科医院は

怖いところではなくなります。

これは大人の方も同じですよ。

自分の歯で一生涯を過ごそう。





プロフィール

弁天町歯科医院

Author:弁天町歯科医院
身体に優しい医療ってなんだろう?
健康を維持していくにはどうする?
そんな疑問のヒントになれば、情報源になればと発信しています。

私の職業は歯科医です。健康は、口からです。ご自身の歯で一生を生活できるようにしませんか?

弁天町歯科医院HP
ホームページです。
カテゴリ
最新記事
にほんブログ村
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。